下記の事でお悩みの方は是非ご相談ください

  • 離婚が決まっていて離婚協議書の作成をお考えの人
  • 離婚協議書を公正証書にしたいとお考えの人。
  • ご夫婦又は恋人の間で誓約書や示談書の作成をお考えの方
  • 不倫相手に内容証明郵便をお考えの方

ご相談ください

離婚をお考えの皆様、つらい心の内をお察し申し上げます。

暴力や精神的虐待、浪費や家計にお金を入れてくれないなど金銭の問題、不倫・異性関係のもつれからくる心の苦しみ、そして性格の不一致など理由はどうであれパートナーを信頼できなくなったことはとても悲しいことです。

夫婦の期間に築き上げた財産もあれば、お互いが可愛く思う子供もいます。財産をどう分けるのか、子供をどちらが育てるのかなどは生活が別々になる以上、決めなければなりませんが簡単に結論の出せることではありません。感情を抑えて話し合いをして、納得して結論を出したとしても、守ってもらえないこともあります。相手は「後から考えてみるとあの時に出した結論にやはり承服できない」話し合いの場で「言った、言わない」「その事実は知らなかったのだから約束は無効だ!」などと言い訳してきます。こうした揉め事は離婚協議に限ったことではありませんが、約束を履行するのは相手方なので解決するためには粘り強く説得するしか方法はありません。

そこで、お勧めするのが「離婚協議書、公正証書」の作成です。

財産の分け方や子供の養育に関してルールを決めて書面にまとめたものが離婚協議書になります。もちろん、専門家に書面の作成を依頼すると費用は掛かりますがしっかりとしたものが出来上がります。さらに離婚協議書を公正証書にしておくと法的な拘束力があります。
つまり公正証書があれば、離婚協議書で決められた約束事を確実に守らせることができるのです。
エミテラス行政書士事務所はあなたの「どうなさりたいのか」をお聞かせいただき、考えられる最善の方法をご提供します。

離婚協議書・公正証書の作成なら行政書士にお任せ下さい
養育費や財産分与、面会交流のことなど口約束では守らない場合が多いです、あとで言った言わないと揉めない為にも文書に残しておくことをお勧めします。
文書作成のプロの行政書士が丁寧にお互いの約束を文章化いたします。

離婚協議書とは

離婚協議書とは「離婚するときや離婚した後の慰謝料、財産分与、子供の親権・養育費についての約束事などをまとめた書面」です。

公正証書は法律の専門家である公証人が法律に従って作成する公文書のことで、法的な拘束力があります。つまり離婚協議書に「約束を守れないときの強制執行について」を記載し、公正証書にしておけば、もし相手が金銭債務を履行しないときには財産を差し押さえることも可能になるということなのです。

たとえば「養育費を払う約束」などは破られがちです。「払うと言ったじゃない」と迫っても相手から「新しい生活をしていて支払う余裕がない」と突っぱねられて、泣き寝入りになることがしばしば起こります。 そんなときに公正証書にしておくことで支払われない養育費を強制執行によって取り戻すことができます。実際には強制執行までいかなくても公正証書に法的拘束力があるために相手は約束を守ってくれることが多いのです。約束を確実に守ってもらうために公正証書にすることを前提に離婚協議書の作成をぜひお勧めします。

男女問題のお悩みもご相談いただけます

示談書・誓約書の作成

夫婦間で起こる様々なトラブルは、口約束だけではなかなか解決しないことも多くあります。そんなとき、約束事を口だけでなく文書として残すことで、夫婦間のトラブルを解決へと近づけることができます。
文書を残したからといって約束を守るとは限りませんが、相手にプレッシャーを与えることができたり、次回約束を守らなかった場合の対処にも役立ちます。
さらに、その文書を公正証書や公証人の認証を受けることでより強固にすることも出来ます。
文書作成のプロの行政書士が手際よく、お客様の気持ちを文章化いたします。

このような事でお困りの方へ

  • 配偶者が約束を守らないので誓約書を書かせたい!
  • もう二度と浮気した相手と連絡を取らないと約束してほしい。
  • 浮気した相手と話しがまとまったので合意書を作ってほしい。
  • 慰謝料の額が決まったので示談書を作ってほしい。

内容証明の作成

相手との交渉は自分でするので文書作成だけ専門家にお願いしたい場合に有効です。
いざご自身で文章を書こうと思っても時間が掛かってしまいますので、プロが貴方の要求をスピーディーに文書化いたします!
※本人様通知、行政書士の職印はありません。(e-内容証明を利用します)
※内容証明郵便はあくまでも記録付きの手紙ですので請求したからと言って必ず相手が応じるものではありません、無視されることもあります。
無視をされたり、相手が内容に納得がいかない場合はご自身で交渉するか、当事務所が適切な専門家をご紹介いたします、相手が内容に合意した場合は当事務所で合意書の作成が出来ます。

このような事でお困りの方へ

  • 浮気した相手に慰謝料を請求したい。
  • 交際の中止の警告をしたい。

エミテラス行政書士事務所が選ばれる理由

数少ない離婚業務に特化した行政書士事務所です

行政書士事務所は数多くありますが、当事務所は離婚業務に特化した希少な存在です。
実は離婚業務に関してはどこの行政書士に依頼しても同じではありません。慣れていない事務所で取り扱った場合は時間が掛かったり、さらにはトラブルになったりすることもあります。

当事務所は要点を絞ったヒアリングや公証人とのスムーズなやり取りが可能です。また実績豊富なので、どのような案件でも依頼人にあまりストレスをおかけすることなくスムーズに業務を進められますので安心してお任せいただけます。

全国対応可能なので来社不要。土日夜間対応可能。

日本全国どこからでも相談からお手続きまで可能ですので、場所や時間を気にせずに書類作成をお申込み出来ます。
来店不要でクレジットカードでの決済でOK。

弁護士とのネットワークが豊富

離婚業務では書類作成だけでは対応出来ない事も多々あります。
「話の途中で合意が崩れた」「浮気が原因なので相手への慰謝料請求をしたい」など紛争になったり、交渉が必要になったりした場合、行政書士の業務範囲では対応しきれなくなります。その時は、親切丁寧な弁護士をご紹介し引き継ぎをおこないます。

提携弁護士事務所

推薦弁護士

弁 護 士:新井教正

事務所名:エミナス法律事務所

得意分野:民事法務
畑見先生は親切でいつもお客様の事を考えており、信頼の出来る行政書士です。離婚問題で紛争に発展した場合はぜひお手伝いをさせて頂きます。

ご挨拶 行政書士 畑見昭雄

今の時代、3組に1組が離婚すると言われております。
そこで問題になるのが、お子様のことです。
夫婦の問題にお子様は無関係です、お子様には何の責任もありませんので、通常の生活を送ってほしいものです。
その為にも離婚の時の書類はきちんと作っておくべきと思っております。決め事を書類(公正証書)にすることでかなりの問題が未然に防ぐことが出来ます。
私は前職で司法書士事務所と探偵事務所の勤務経験があり、男女問題についてあらゆる事を見てきました、この知識を活かし。依頼人の明るい未来の為、全力でサポートすることをお約束いたします。

お問い合わせは0800-200-1503へ